金 景成

Kyongsong KIM
kim
役職
千葉北総病院脳神経外科 准教授
学歴

1995年3月 日本医科大学医学部卒業、2001年3月 同大学大学院卒業

学位

医学博士(第二生理学教室 芝崎保 教授のもと取得 Kim K, Arai K, Sanno N, Teramoto A, Shibasaki T. The expression of thyrotrophin-releasing hormone receptor 1 messenger ribonucleic acid in human pituitary adenomas. Clin Endocrinol (Oxf). 2001 Mar;54(3):309-16.)

専門分野

脊椎脊髄疾患、末梢神経疾患。

日本脊髄外科学会認定医、指導医。

所属学会

日本脳神経外科学会(専門医、指導医、代議員)

日本脊髄外科学会(理事、機関誌編集委員、広報委員、生涯教育委員)

日本脊髄障害医学会(評議員、保険問題等検討委員、外保連委員)

末梢神経の外科研究会(世話人)

代表論文・著書

英文

  1. Kim K, Shimizu J, Isu T, Inoue K, Chiba Y, Iwamoto N, Morimoto D, Isobe M, Morita A. Low back pain due to superior cluneal nerve entrapment - Clinicopathological study. Muscle and Nerve, 2018 May;57(5):777-783
  2. Kim K, Isu T, Matsumoto J, Yamazaki K, Isobe M. Low back pain due to middle cluneal nerve entrapment neuropathy. Eur Spine J, 2018 Jul;27(Suppl 3):309-313
  3. Kim K, Isu T, Morimoto D, Iwamoto N, Kokubo R, Matsumoto J, Kitamura T, Sugawara A, Morita A. Common diseases mimicking lumbar disc herniation and their treatment. Mini-invasive surgery 1:43-51, 2017
  4. Kim K, Isu T, Chiba Y, Iwamoto N, Morimoto D, Isobe M. Decompression of the gluteus medius muscle as a new treatment for buttock pain: technical note. Eur Spine J, 25(4) 1282-1288, 2016
  5. Kim K, Isu T, Chiba Y, Iwamoto N, Yamazaki K, Morimoto D, Isobe M, Inoue K. Treatment of low back pain in patients with vertebral compression fractures and superior cluneal nerve entrapment neuropathies. Surg Neurol Int 25:S619-21, 2015
  6. Kim K, Isu T, Omura T, Morimoto D, Kobayashi S, Teramoto A.Transarticular fixation with a bioabsorptive screw for cervical spondylolisthesis. World Neurosurg 81:843.e5-9, 2014
  7. Kim K, Isu T, Daijiro M, Sugawara A, Matsumoto R, Isobe M, Kobayashi S, Teramoto A. Long-Term Results After Cervical Anterior Fusion Using an Autologous Bone Graft (Williams-Isu Method). World Neurosurg 82:219-24, 2014
  8. Kim K, Isu T, Morimoto D, Sasamori T, Sugawara A, Chiba Y, Isobe M, Kobayashi S, Morita A. Neurovascular Bundle Decompression without Excessive Dissection for Tarsal Tunnel Syndrome. Neurol Med Chir (Tokyo) 54:901-6, 2014
  9. Kim K, Isu T, Kobayashi S, Morita A. Dizziness attributable to a cervical dural arteriovenous fistula. Acta Neurochir 156:547-9, 2014
  10. Kim K, Isu T, Chiba Y, Morimoto D, Ohtsubo S, Kusano M, Kobayashi S, Morita A. The usefulness of ICG video angiography in the surgical treatment of superior cluneal nerve entrapment neuropathy: technical note. J Neurosurg Spine 19:624-8, 2013

邦文

  1. 金景成、井須豊彦、末梢神経治療の最新知見。脳神経外科速報 28(3), 264-271, 2018
  2. 金景成、井須豊彦、森本大二郎、國保倫子、岩本直高、喜多村孝雄、松本順太郎、森田明夫。絞扼性末梢神経障害に対する基本外科治療。脳神経外科ジャーナル 27(4);307-316, 2018
  3. 金景成、井須豊彦。若手脳神経外科医が知っておきたい下肢のしびれ、痛み診断の最新知見。末梢神経障害に主眼をおいて。脳神経外科速報。26(3) 266-272, 2016
  4. 金景成、佐々木学、川本俊樹、小柳泉、日本脊髄外科学会学術委員会(ガイドライン作成委員会)。<ガイドライン>脊椎脊髄疾患の神経症状の評価方法に関する検討。臨床研究に用いられるスコアリングシステム。脊髄外科。30(1) 41-52, 2016
  5. 金景成、井須豊彦。上殿皮神経障害のレビュー。脊髄外科 30(2), 141-145, 2016
  6. 金景成、井須豊彦。脊髄外科研究に用いられるスコアリングシステムおよびその特徴②。腰椎疾患の評価システム。脊髄外科 29(1), 18-25, 2015
  7. 金景成、井須豊彦。脳神経外科医として知っておきたい絞扼性末梢神経障害 -診断から治療まで- 。脳神経外科 43(5), 387-97, 2015
  8. 金景成、井須豊彦。Willaims-Isu法。脊椎脊髄ジャーナル。27(5), 495-500, 2014
  9. 金景成、井須豊彦、國保倫子、森本大二郎、岩本直高、千葉泰弘、菅原淳、小林士郎、森田明夫。腰椎後方除圧術。よりより手術成績を得るためのわれわれの工夫。脳神経外科ジャーナル 23(6), 468-475, 2014
  10. 金景成、國保倫子、井須豊彦、小林士郎。古くて新しい腰痛。印旛市郡医師会報 63;23-29, 2014

著書

  1. 井須豊彦、金景成、編著。しびれ、痛みの外来Q&A 改訂第2版。中外医学社。東京。2017
  2. 寺尾亨、金景成、編著。外来で診る!手足のしびれ・痛み診療。日本医事新報社。東京。2017
  3. 井須豊彦、金景成、編著。超入門。手術で治すしびれと痛み。絞扼性末梢神経障害の診断・手術。メディカ出版。2016年。大阪
  4. 井須豊彦、金景成。編著。触れてわかる腰痛診療。中外医学社。2015年。東京
  5. 井須豊彦、金景成。編著。しびれ・痛み診療と薬物治療。中外医学社。東京。2014.6
  6. 井須豊彦、金景成。編著。画像ではわからないしつこい腰の痛みを治す本。講談社、東京。2013.3
  7. 井須豊彦、金景成。編著。痛み、しびれがつらい患者さんへの看護。照林社、東京。2013.4
  8. 井須豊彦、金景成。首・肩・腕の痛みとしびれをとる本。講談社。2012.4
  9. <分担執筆>金景成、井須豊彦。15.手根管症候群、外側大腿皮神経障害、足根管症候群。p111-120標準的神経治療。しびれ感。日本神経治療学会監修。福武敏夫、安藤哲朗、冨本秀和編集。2017年、医学書院。
  10. 金景成、國保倫子、森本大二郎、井須豊彦。絞扼性末梢神経障害に対する手術。VIDEO JOURNAL of Japan Neurosurgery 25(3), 2017

 

趣味

映画鑑賞、サウナ

一言

低侵襲な脊椎脊髄疾患、末梢神経疾患治療に取り組んでいます。

千葉県印西市のラーバンクリニックでも診療を行っています(https://chibashintoshi.or.jp/)。