村井 保夫

Yasuo MURAI
Murai
役職
准教授
学歴

早稲田高等学校卒

日本医科大学医学部卒

資格

日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中学会専門医、神経内視鏡学会技術認定医、米国脳神経外科コングレス active international member、厚生労働省臨床修練指導医、東京都難病指定医、日本脳卒中の外科学会指導医、産業医

学位

医学博士 (Murai Y, et al: Three-dimensional computerized tomography angiography in patients with hyperacute intracerebral hemorrhage. J Neurosurg. 1999)

専門分野

脳動脈瘤、 髄膜腫、神経鞘腫の外科治療、内頸動脈閉塞、もやもや病の脳血行再建術、脳動静脈奇形、頭蓋底外科

もやもや病専門外来、脳動脈瘤専門外来、髄膜腫専門外来、脳ドック説明外来.

受賞歴

日本医科大学医学会奨学賞、日本脳卒中の外科学会賞(鈴木賞)

所属学会

日本脳神経外科学会(評議員. 代議員)
日本脳神経外科コングレス
日本頭蓋底外科学会 (評議員)
日本脳卒中学会(評議員)
日本脳卒中の外科学会 (代議員)

日本脳神経外傷学会(学術評議員)
日本脳神経血管内治療学会
日本脳神経外科手術と機器学会
日本脳腫瘍の外科学会

日本脳ドック学会
蛍光ガイド手術研究会(世話人)
米国脳神経外科コングレス(CNS)

国際脳神経外科連合 (WFNS)

アジア オーストラレイシア脳神経外科学会 (AASN)

代表論文・著書

代表論文

◇Murai Y, et al. Reuse of a Reversed “Bone Pad” to Perforate Incompletely Penetrated Burr Holes Created by Automatic-Releasing Cranial Perforators. Oper Neurosurg. 2017

◇ Murai Y, et al. The feasibility of detecting cerebral blood flow direction using the indocyanine green video angiography. Neurosurg Rev. 2016

◇ Murai Y, et al. Target-controlled infusion technique with indocyanine green videoangiography for radial artery graft. Clin Neurol Neurosurg. 2014.

◇ Murai Y, et al. Ischemic complications after radial artery grafting and aneurysmal trapping for ruptured internal carotid artery anterior wall aneurysm. World Neurosurg. 2012.

◇ Murai Y, et al. Preoperative liquid embolization of cerebeller hemangioblastomas using N-butyl cyanoacrylate. Neuroradiology. 2012.

◇ Murai Y, et al. Contrast extravasation on CT angiography predicts hematoma expansion in intracerebral hemorrhage. Neurology. 2007.

◇ Murai Y, et al. The long-term effects of transluminal balloon angioplasty for vasospasms after subarachnoid hemorrhage: analyses of cerebral blood flow and reactivity. Surg Neurol. 2005.

◇ Murai Y, et al.Spontaneous regression of a germinoma in the pineal body after placement of a ventriculoperitoneal shunt. J Neurosurg. 2000.

◇ Murai Y, et al. Three-dimensional computerized tomography angiography in patients with hyperacute intracerebral hemorrhage. J Neurosurg. 1999.

◇ Murai Y, et al. Magnetic resonance imaging-documented extravasation as an indicator of acute hypertensive intracerebral hemorrhage. J Neurosurg. 1998.

 

著書(分担)

Murai Y,  et al : Safe Resection of Hemangioblastoma Using Indocyanine Green Videoangiograghy.Stem Cells and Cancer Stem Cells, Volume 9.Springer  Methods of Cancer diagnosis, Therapy and prognosis Vo10, 2012 Springer, M. A. Hayat

村井保夫: 他 最新臨床脳卒中学(下)日本臨床第72巻 増刊号7 皮質下出血の予後 日本臨床社

村井保夫: 他 AICA   脳動脈コンプリート (波出石弘ら編) 中外医学社

村井保夫: 他   術中動脈損傷: 脳神経外科周術期管理のすべて第4版 (松谷雅夫ら編)メジカルビュー社

村井保夫: 他   血管吻合の基本手技: バイパス術のすべて (森田明夫ら編) メジカルビュー社

趣味

スポーツ全般とその観戦・キャニオニング

一言

もやもや病専門外来、脳動脈瘤専門外来、髄膜腫専門外来、脳ドック説明外来を行なっています。脳血行再建術、脳動静脈奇形や脳動脈瘤の外科治療、髄膜腫や、神経鞘腫などの良性腫瘍に対する頭蓋底外科、もやもや病に対する血行再建術などを専門として、国内外の施設でトレーニングを行って参りました. 旭川赤十字病院(現在、禎心会病院)の上山博康先生や、米国Duke 大学の福島孝徳教授、米国Washington大学のSekhar教授のもとで、研鑽を積んで参りました。 派手さを排除し、常に基本技術に裏打ちされた、正確な外科手技による安全な手術を心がけております。脳動脈瘤は、<1回の治療で動脈瘤出血防止> が目的であり、クリッピング術が治療の主体となっています。もやもや病は、世界的にみて日本に多い疾患です. 現在主流となった、複合血行再建術は、旭川赤十字病院(現禎心会病院)の上山博康先生から直接御指導頂いた方法を継承しております。