後期研修プログラム

post_moritaphoto

来れ千駄木の丘へ!
北総の杜へ!
武蔵野・多摩の大地へ!

日本医科大学では毎年後期研修医募集を行います。
出身大学・卒業年度は問いません。暖かい心を持ち脳の病気を担当できる診断力、
治療力・ケア力のある医師をめざす諸君を募集します。

日本医科大学における脳神経外科研修は、患者のためになる最高峰の脳神経外科・脳神経医療技術と心をつけてもらうことを主眼においています。そのなかで各自が独自の希望と目標と持って、さまざまな専門領域を磨き、自分の目指す脳神経外科医としての成長を補助してゆきたいと考えています。
その中でも最も重要なことは「患者第一」です。
これを実行できる力(精神力と技術、知識)をつけてもらうと同時に自分の道を追求して欲しいと思います。

At homeでフランクな環境下で”MAN TO MAN”、上級医が若手を教えまた学ぶ 「屋根瓦式」の特徴をもつ教育法をとっています。
脳神経外科医としての基礎を早くつけ、さらに高度な医療技術と精神の獲得を目指したい人、またリサーチマインドを早くから育てたい人には最適なプログラムであると自負しています。
日本医大関連諸病院での豊富な良性脳腫瘍、間脳・下垂体腫瘍、悪性脳腫瘍などの腫瘍性疾患、脳動脈瘤や脳虚血などの脳血管障害の手術、血管内治療や、てんかん、パーキンソン病、微小血管圧迫症例、脊椎・脊髄疾患などから、脳神経外科の基礎を学びます。また世界に名高い高度救命救急センターとは密な教育連携をとっており、研修期間中に救命救急の経験も積むことができます。関連施設には様々な専門病院も備え、各疾患の専門医から非常に層の厚い訓練・指導がなされます。

またそのような環境の中でも、自分を持ち、個々に高い目標を持って研修出来るよう指導しています。


日本医大での研修の目的は一貫した指導方針のもとで研修を受け、高度脳神経外科医療を習得することです。個々の医師、研修医の個性および志向性を生かして育てられるよう、頻繁に機会に応じて相談し、じっくりと要望を聞いて、Flexibleでかつ個人の才能を生かす様しっかりとした指導体制を組むことを主眼としています。明日の日本そして世界で活躍できる脳神経外科医育成を目指してます。

そのために必要な知識・技術そして精神を学べる場を提供します。


大学病院では、脳腫瘍(間脳・下垂体腫瘍、良性頭蓋底腫瘍、悪性脳腫瘍)、脳血管障害、機能外科、脊椎脊髄手術など高度な診療技術を要する脳神経外科疾患の治療を東京、千葉、神奈川に及ぶ地域の4付属病院で年間1100件行っています。また関連施設ではサイバーナイフ、ガンマナイフなどの特殊治療も行い、プログラム全体では年間3000件を超える手術をしています。

現在4付属病院に勤務するスタッフは40名超でそれぞれの専門領域の教育を担当している。また120名を超える同門の脳神経外科医が全国で活躍しています。

現在の後期研修医はH22年卒:1名(他学年入局1名 他病院、他診療科より)、H23年卒:名 H24年卒:1名 H 25年卒:1名、 2016年3名、2017年 2名の後期研修医を受け入れました

彼らの当直回数は月5~7回でさらに収入確保のため外勤を月に5~7回行っている。

大学病院での研修であるという特徴を生かし、研究や国内・国外留学などの時期については各医師の特性や希望に応じて、フレキシブルな対応をおこなっています。


研修機関:
基幹施設
日本医科大学付属病院(千駄木)脳神経外科 および 救命救急科

連携研修病院

大学付属病院

日本医科大学武蔵小杉病院 脳神経外科 救命センター
日本医科大学多摩永山病院 脳神経外科 救命センター
日本医科大学千葉北総病院 脳神経センター

連携病院

関東労災病院
亀田総合病院
埼玉脳神経外科病院
北村山公立病院 脳神経外科
東京共済病院 脳神経外科
医療法人社団悦伝会目白病院 脳神経外科
横浜新緑総合病院 脳神経外科
南町田病院 脳神経外科

関連施設

東京都立神経病院 脳神経外科
国立がん研究センター中央病院 脳神経外科
国立成育医療研究センター 脳神経外科
東京都保健医療公社荏原病院 脳神経外科
医療法人社団悦伝会目白第二病院 脳神経外科
博慈会記念総合病院 脳神経外科
平成立石病院 脳神経外科
NTT東日本関東病院 脳神経外科・脳卒中センター・ガンマナイフセンター


H23年より開始された日本脳神経外科学会専門医履修プログラム制度により、日本医科大学は日本医科大学付属4病院を中心とした脳神経外科研修プログラムとして、研修医の育成を担っています。

教育プログラム内および他のプログラムと重複研修することにより、個人に適した研修がつめるシステムとなることを目指します。
他の大学や研修プログラムと連携した研修プログラムを組むことも可能としています。

後期研修を終了した段階で、脳神経外科専門医を取得できることを最低条件とし、さらに最短でサブスペシャリティー領域の専門医、指導医も取得できるよう指導します。

① 医師・脳神経外科医として誇りを持って患者のためになる医療を実施できること。患者第一の基本姿勢をつけること
② 基本的脳神経外科手術(テント上脳腫瘍や前方脳動脈瘤、頚部内頸動脈の手術、脊椎の手術アプローチ)をマスターすること
③ 間脳下垂体腫瘍の内視鏡治療、頭蓋底手術や高度な脳血管障害治療、機能外科、脊椎脊髄手術に参加し自分の将来の方向性を見つけること
④ 脳神経外科疾患・脳神経救急疾患の診療をマスターすること
⑤ 学術的報告の習熟し、自らの施設、自分の技術を示すことができること
⑥ さらに、いつも向上、リサーチマインドを失わず、学位取得に向けて準備をすること

を主眼としてプログラムを進めます。


当プログラムの最大の特徴

当科での研修はフランクな環境下で各学年が相互に屋根瓦式に教育を受け、また切磋琢磨して技術を向上し、一方で上下の関係のないレベル達成をめざします。

さらにその上でより高い手術、治療技術、さらに研究を推進する力を持てるようなより専門医療にすすめる準備も始めます。

また本大学には日本で最も伝統ある救命救急センターがあります。救命救急科の科長は脳神経外科出身の横田裕行教授であり、相互に密接に交流し一体となったプログラムを構築しています。救命入局の研修医も日本医科大学脳神経外科の一員として活躍しています。救命と脳神経外科双方の専門医を取得できるプログラムを構築しています。

教育プログラムの初期は脳神経外科・脳卒中診療の基本的手技および手術手技研鑽を中心としますが、最終的には文武両道の脳神経外科医育成を目指します。

希望により早期から大学院への入学や外国、国内施設への留学も許可します。

積極的に海外の学会参加、短期留学、見学をすすめ、国内外の医師や人材と交流をすることを推奨し、広い視野を持った医者をそだててゆくことを主眼としています。

program_2018

平成19年卒の亦野医師 第15回世界脳神経外科学会中間大会で世界から5名のうちの一人のYoung Neurosurgeon Awardを受賞

 

各年度おおよその技術習得目標(あくまで技術でのめやすです)
O:初期研修(卒後1〜2年目)INTERN

① 全身の基本診察、診断手技習得
② 脳神経の基本診察、診断手技習得
③ 外科手術手技の基本(切開、縫合、穿刺)の習得

I:後期研修医1年目(卒後3年目)Junior Year:G3

① 脳神経外科・脳卒中の基本的診療技術の獲得(入院診療:CT,MRIの読影・腰椎穿刺・血管撮影・CVP挿入・気管切開など)
② 穿頭術・開頭術(前・側・後頭部)・シヤント術等脳神経外科マクロ手術技術の獲得
③ 脳神経手術器具(ECHO, CUSA, NAVIGATION, MONITORING,内視鏡、顕微鏡)などの基本使用技術習得
④ 練習システムによるマイクロ手術手技の研鑽(年間1万針以上)
⑤ 情報収集(論文やオンライン情報、講演内容の取得)・情報発信(学会や論文発表)
⑥ 練習量・達成度に応じて早期からマイクロ手術なども経験する

等を目標にする。

Ⅱ:後期研修2年目(卒後4年目)Senior Year:G4

① 脳神経外科・脳卒中のさらに高度な診療技術の獲得(入院・外来診療)
② より複雑な開頭手技のマスター、マイクロ手術の経験, 血管撮影などの技術習得
③ 練習システムによるマイクロ手術手技の研鑽(同上)、動物実験施設における手術手技研修も行う
④ 学会発表・論文発表の機会を増やす
⑤ 技術研修会・他の施設見学等を推奨する。

Ⅲ:後期研修3年目(卒後5年目):G5

① 他施設、他診療科、海外等施設見学 留学
② さらに高度な医療の習得に向けた準備
③ 大学院基礎研究テーマ、または臨床研究テーマ準備

Ⅳ:後期研修4年目(卒後6年目):G6 Chief resident

① 研修施設・関連施設 および他大学や他プログラムでの研修を中心とします。
② これまでに習得した知識の再確認と異なる方法の認知
③ 卒後4年目までに最低4編の論文を出版・最低年1回の学会発表することを目標にし、指導を受ける。

Ⅴ:卒後7年目専門医取得以降 当院Chief resident・当院・他院Fellowship

① 千駄木本院または4付属病院を中心にローテーション(チーフレジデント)
② 脳神経外科専門医取得。他のサブスペシャリティー専門医取得準備。
③ 当科におけるさらに高度な専門医療を習得する。
間脳・下垂体内視鏡外科、頭蓋底手術、脳血管治療フェローシップ(頭蓋底手術、バイパス、血管障害の手術、血管内治療手技の研修)、脊椎・脊髄外科、てんかん・パーキンソン病治療など専門技術の取得、またその他の専門性をもった病院への年単位での国内留学的派遣。
④ 大学院での研究
⑤ 海外での研修

等の将来進路を選択。


今後の専門医機構の指針に基づいたプログラム構築において、必要条件として基本心療科の脳神経外科の知識と技術の構築と共に専門領域としての脳神経外科医の育成のために、各志望者の希望および専門性の志向に沿うように様々なプログラムスタイルを設けている。

① 大学病院入局 A

1~2年目: 大学付属病院(千駄木、北総、武蔵小杉、多摩永山)、救命、脳卒中診療科Rotationを含む
3年目: 連携施設(関東労災、亀田病院など)および関連施設
4年目:6ヶ月間(シニア、チーフレジデント) 付属病院(千駄木)、連携、関連施設

② 大学病院入局、大学院並列 B

1年目:大学附属病院
2年目より大学院入学 1~2年間の研究 
臨床経験数に応じて 臨床の研修期間の増減あり
4年目または5~6年目:試験前 半年間 千駄木シニア、チーフレジデント

専門医取得前、後に学位取得

③ 連携施設入局 C (亀田総合病院、関東労災病院、東京共済病院など)

1~2年目:連携施設 大学カンファランス等には参加
3年目: 大学関連他の病院または4附属病院
4年目:半年 千駄木シニア、チーフレジデント、および連携、関連施設

④ 救命救急入局 D

1~2年目:救命救急センター
3年目大学関連、連携施設脳神経外科
他診療救急の経験 脳神経外科の経験数により専門医取得年限を決定する
4年目または5年目以降 半年間千駄木シニア、チーフ および関連、連携施設

大学付属病院

program_2018

【年度概要】
初期研修 後期1年 後期2年 後期3年 後期4年 後期5年目以降
初期臨床研修 全身医療・神経診療の基礎 脳外科基礎診療 マクロ手術 高度脳外科 マクロ・マイクロ・内視鏡手術 他流見学 高度医療準備 マイク手術 マイクロ手術・内視鏡/血管内手術 Chief resident Chief resident
大学院入学・国内/国際留学はどの時点でも可能
【千駄木本院の週間予定】
曜日
AM7:30~ 朝カンファ§

脳卒中カンファ§

脳卒中カンファ§

朝カンファ・回診§

脳卒中カンファ§

脳卒中

休日
AM9:30~ 手術/外来 外来 手術/外来 手術/外来 手術/外来 外来  
PM~5:00 手術/外来 外来 手術/外来 手術/外来 手術/外来 外来  
夕カンファ(月2)† 夕カンファ(毎週)‡

リサーチカンファ(月1)

夕カンファ(月1)∬      
外来枠 初診:1
通常:2
通常:3 初診:1
通常:1
通常:3 初診:1
通常:2
通常:2  

 

§:朝カンファランス:脳神経外科手術を1時間 脳卒中カンファランスは毎日8:30より 15〜20分 前日脳卒中入院について
†:曜 夕カンファ 臨床手術カンファランス(月1回神経内科、救急合同カンファランス、月1回M&Mカンファランス)
‡:火曜 夕カンファ 大学4付属病院および関連研修施設 合同カンファランス
ッ: 水曜日:リサーチカンファランス
∬:木曜日 月1回 内分泌カンファ



朝カンファランス風景
脳外科医、神経放射線科医、学生等を含めた1例1例の詳細な検討が加えられる

post_canfa  post_canfa2


手術室風景
高い技術レベルの習得をめざす。


病院外研修

年1~2回外科技術修練施設でのマイクロ研修 豚やモデルを用いて皆で高度な医療技術を磨く。その他 他大学との交流を通じて様々なスキルを学ぶ機会を準備しています。

 

program_2018_3

program_2018_4

若手の技術評価訓練を目指して5分間のマイクロ実技コンテストを実施

program_2018_5

共同開発中のWet Labo脳動脈瘤モデルで実物さながらの開頭—クリッピング練習術中破裂も経験できます。


当教室での学術集会開催

2017年  4月 第30回 日本老年脳神経外科学会
2016年 11月   第23回 日本神経内視鏡学会
2016年  6月 第25回 日本脳ドック学会総会
2015年  6月 第15回 術中画像情報学会
2014年  1月    第1回 手技にこだわる脳神経外科手術ビデオカンファランス
2012年 11月 第40回 日本頭痛学会
2011年 12月 第116回 日本脳神経外科学会関東支部地方会
2010年  6月    第8回 日中友好脳神経外科学会
2010年  3月  第83回 日本内分泌学会
2009年 10月 第68回 社団法人日本脳神経外科学会総会
2008年  2月  第31回 日本脳神経CI学会
2005年  4月  第23回 日本脳神経病理学会
2002年 11月    第9回 日本神経内視鏡学会
1991年            第8回 Pan-Pacific Surgical Association Japan Chapter
1968年 10月 第27回日本脳神経外科学会総会

今後の学会開催予定

2019年 1月 第2回 脳神経外科M&Mカンファランス
2019年 3月 第42回 日本脳神経CI学会 (CI2019)
2020年 1月 第22回 日本脳神経減圧術学会 (MVD2020)
2020年 3月 第29回 脳神経外科手術と機器学会 (CNTT2020)
                      第13回日本整容脳神経外科学会 (JSAN2020)

program_2018_6

冬の富山(2月3日)で開催された北大/富山/日医合同1st M&M in Neurosurgery 来年当校開催です。

当科にて研修を行う場合、専門医取得を目標に

① 日本脳神経外科学会
② 日本脳神経外科コングレス
③ 日本脳卒中学会 脳卒中の外科学会 日本神経血管内治療学会
     日本脳卒中の外科学会技術認定医(指導医:現在指導医5名)、
     日本脳神経血管内治療専門医(指導医:現在指導医2名、認定医2名)
④ 日本脳腫瘍学会、日本脳腫瘍の外科学会、日本脳腫瘍病理学会
⑤ 日本脊髄外科学会  認定医/指導医(現在指導医2名、認定医1名)
⑥ 日本定位機能外科学会 日本てんかん学会

等の関連学会に入会して研修を開始します。


当教室研修後の進路は、大学院入学、大学助教へ就職、当教室でのさらに専門的分野のフェローシップ、その他の施設でのさらに専門的医療の研修・就職、海外留学など多方面の道があります。

当教室では、頭蓋底外科、内視鏡外科、下垂体外科、脳血管障害の外科、悪性脳腫瘍の外科、脊椎・脊髄外科、機能外科(てんかん、パーキンソン)、脳血管内治療の専門訓練を行っています。さらに研究領域もそれぞれ深い研究をおこなっています。欧米雑誌への論文掲載は2017年度は40編です。しっかりとした臨床、研究、論文指導を行い、確固とした専門性をもった医師への育成・指導することを目指している。

また大学院生、研究生として、東京大学医科学研究所や京都大学社会健康医学などその他の教育機関での研究を行える体制を構築しています。

メンター制を導入し、専門領域について細かい進路指導を行っています。


年間いつでも見学を受け入れていますので、興味のある方はぜひ見学にいらしてください。
また専門領域フェローシップ研修(間脳下垂体/内視鏡外科、頭蓋底外科、脳血管外科)に関する質問も受け付けます。
当科の後期研修およびフェローシップについて知りたい・応募したいという先生は下記までお気軽にご連絡ください。
 

〒113-8603
東京都文京区千駄木1-1-5  日本医科大学  脳神経外科教室
医局長 森本大二郎
neurosurgery@nms.ac.jp