当教室について

ごあいさつ

Dr.morita

日本医科大学脳神経外科大学院教授・部長の森田です。
私どものめざす日本医科大学脳神経外科の診療・教育・研究方針をまとめさせていただき、
合わせて自己紹介させていただきます。

日本医科大学 脳神経外科学教室
主任教授 森田 明夫

診療について

日本医科大学には4つの付属病院があり、また医局員が脳外科の主力を担っている関連施設が数施設あり、様々な疾患をあつかっています。全施設での症例数は1200例を超えます。
現在千駄木 付属病院では下垂体腺腫や頭蓋咽頭腫などの間脳、下垂体・内分泌腫瘍、脳動脈瘤や脳梗塞、脳動静脈奇形など脳血管障害、神経鞘腫・髄膜腫などの良性腫瘍、グリオーマやその他の脳悪性脳腫瘍、脊髄・末梢神経疾患の診療を中心に行っています。日本医大北総千葉病院では救命救急医療から、高度な脳血管障害の治療、脊髄疾患や末梢神経疾患の治療、顔面けいれんや三叉神経痛などの機能外科を積極的に施行しています。日本医大多摩永山病院では脳血管障害や脊椎疾患の治療、地域医療に根ざした一般脳神経外科、日本医大武蔵小杉病院では脳腫瘍、難治性てんかんやパーキンソン病などの機能外科疾患、脳血管障害、水頭症の治療などを展開しています。それぞれの病院が地域の特性をいかしつつまた全教室で情報や人材を共有しつつ質の高い医療を実践しています。
頭蓋底腫瘍をきわめて小さい傷、または鼻腔や小さな開頭部から摘出する低侵襲内視鏡下外科手術を行なっています。また神経線維腫症に対する脳幹インプラント埋め込み術を始めとした機能を再建する医療にも積極的に関与しています。
また脳卒中診療科、神経内科、救命救急チーム、リハビリテーション、内分泌内科・外科、耳鼻咽喉科、眼科、形成外科などの密接に関連する診療科とは垣根を低くした連携を組んでおり、定期的合同カンファンランスや症例ごとのケースカンファランスを開催してより良い治療法を検証しています。
まずは安全、さらに高度な治療を提供すべく教室一丸となって進んでいます。

教育について

患者さん診療以外に大学病院、大学組織に課された大切な役割の一つに教育があります。それは近未来の日本および世界の医療を支える人材を育成するということです。
脳神経外科医療を担う人材育成においては、当然教育により医療のレベルが低下してはなりません。まず卒後の研修・教育においては、情報の共有から始め、Off-the-Job training(患者さん対象ではないトレーニング)を徹底しています。その上で徹底した監督の下で診療に従事させます。全ての医療は資格のある医師が行います。
自己学習を促し、また対外的な見学、海外研修、学会参加(その後の報告)を促し、広い視野をもった医療人を育成することを目指しています。10年−20年後には自分たちを超えていく人材を育成するのが我々の務めであると信じています。
また医科大学は将来の医療一般をになう医学生およびその他の医療従事者の教育・育成を担っています。医学・医療教育のなかで、神経疾患および脳卒中や頭部外傷に代表される神経救急の学習はきわめて重要な位置をしめています。関連する諸科とも協力して膨大な知識・情報をわかりやすく、また簡便に学習できるようなクラウド、オンラインを多用した学習システムを構築。さらに関連諸施設と協力し様々な臨床の現場で医療チームの一員として学ぶ体制を築いています。

研究について

未来の医療をより良くするために、医学研究を進めねばなりません。臨床研究及び基礎医学教室とも連携して基礎的な研究も進めています。

臨床のあらゆる場面の疑問や問題点から明日の臨床を向上する研究が生まれると信じております。まず臨床の土台を固め、今不可能な医療を可能とする技術、医科学を発展させること、臨床上の問題解決につながる研究を教室をあげてチャレンジしています。特に①臨床上重要な治療方針を決めるためのエビデンスを作る研究、②脳神経疾患の本態を解明する研究、③脳神経治療技術の改善につながる研究(ロボットや新しい画像技術、医学工学、産業の連携)、また④失われた神経機能を再建する治療技術の開発にも携わってゆきたいと思います。東大の工学部やその他の研究機関とも連携し、広く基礎医学、医学以外の学問分野、中小企業も含めた産業、日本のみならずアジア、世界の機関と協力して研究をすすめています。
日本、世界から広く医療・医科学に関与する人たちに興味をもってもらえる国際化した教育・研究環境を作り、日本医大内の先生や医大の医療に関わる人たちがお互いに切磋琢磨して成長できるようにしてゆきたいと思います。そのような中で現状に甘んずることなく、またあきらめることなく、100年後の日本の医療がさらに発展しているため、次代を担う国際的な視野をもつ医療人を育成して参りたいと思います。

データ集積の重要性について(森田2015年脳神経外科学会総会ビデオでのコメント)

森田明夫の自己紹介

私は1976年開成高校を卒業し1982年に東京大学を卒業したのち、佐野圭司名誉教授、高倉公朋教授のもと東京大学脳神経外科研修施設で研修をいたしました。3年目から福島孝徳先生の主宰する三井記念病院で3年間研修し、その間、米国での臨床研究への夢を持ちました。日本で脳神経外科の認定医取得後 1989年より米国Mayo Clinicにクリニカルフェローとして留学、その後正式のレジデントとなり、Chief residentをつとめ米国の脳神経外科専門医も取得しました。1997年にはGeorge Washington大学でスタッフとして働く機会を得、合計9年間米国で臨床の研鑽を積んで参りました。1998年9月より帰国し東京大学およびNTT東日本関東病院で脳神経外科の臨床責任者をしてまいりました。脳血管障害と頭蓋底の良性腫瘍を専門としておりますが、日本及び米国で長年積んだ広い臨床経験から「何でもこなせる」ことが自分の特徴であると思っております。自分のモットーはどんな疾患も最良の結果をもたらすように努力することです。「自分の家族であればどのようにするか?どうしたいか?」を判断の根拠としています。是非皆で力を合わせて患者さん本位で最善・最良の医療を提供でき、困難な疾患でも「最後の砦」となれる医療技術と心を築いてまいりたいと思います。

 

また私は2017年夏からは世界脳神経外科学会の副事務局長としての役割を果たしてゆくことになりました(WFNS)。今日本では1万人近くの脳神経外科医が活躍しています。すなわち人口1万人に1人ずつ脳神経外科医がいることになります。だからと言って、我々脳神経外科医は皆楽な仕事をしているわけでもなく、十分な医療が国の隅々まで行き渡っているとは言い難い現状があります。

一方でアフリカや赤道直下の国々では、まずは下水道などの公衆衛生や交通網の整備などが先行し、脳神経外科は富裕者の医療と言われ、脳神経外科医の数は人口100万人に1人もいない国もあります(World Neurosurgery Workforce)。脳神経外科の医療には、手術用顕微鏡をはじめ高価な医療機器が必要とされ、機器の欠乏、また教育機会のないことが課題となっています。多くの子供たち、若い人たちが水頭症や助かるべき外傷の治療を受けられずに亡くなっているという現状もあります。今WFNSを中心にAFRICA100として、脳神経外科医を100名育成する事業、医療機器の寄付を斡旋する活動これが進んでいます。

日本は脳神経外科における世界的リーダーとして、自国の医療を最良のものとする上に、世界の医療をよりよくするために貢献する義務があります。

これから医師や脳神経外科を目指す諸君、一緒に世界の脳神経外科に貢献するために頑張りましょう。

プロフィール

出身地 埼玉県岩槻市(現 さいたま市岩槻区)
最終学歴 東京大学医学部医学科 1982年卒
職歴

NTT東日本関東病院 脳神経外科部長、
脳卒中センター長、総合相談室長
東京医療保健大学教授、東京大学 脳神経外科助教授、
米国George Washington大学Assistant Professorなど。

趣味 料理/旅行/陶芸/スケッチ
 

個人プロファイルは