日本医科大学脳神経外科学教室
About Us
Clinic
Postguraduate
Research
Members
日本医科大学 脳神経外科学教室
〒113-8603
東京都文京区千駄木1-1-5
TEL.03-3822-2131(内線6663)
TEL.03-5814-6215(ダイヤルイン)
FAX.03-5685-0986
E-mail:neurosurgery@nms.ac.jp


Department of Neurological Surgery
Nippon Medical School
1-1-5, Sendagi, Bunkyo-ku
Tokyo 113-8603 JAPAN
アクセスマップ
医局員専用ログイン

研究業績

2012年研究業績のサマリー

原著欧文 20編 総説欧文 0編 症例報告 3編
原著和文 22編 総説和文 2編 症例報告 1編
著書 35編 学会発表 230件
業績一覧
*一覧はPDFです
受賞歴

平成24年度 MDS Travel Grant, 16th International Congress of Parkinson’s Disease and Movement Disorder Society(Dublin, Ireland)/太組一朗
平成24年度 第8回アクロメガリーフォーラム奨励賞/服部裕次郎
平成24年度 日本医科大学医学会奨学賞受賞記念講演/村井保夫
平成23年度 同窓会医学研究助成金受賞記念講演/村井保夫

主な学会発表

国際学会
・Misdiagnosed JME-a Japan-oriented currentproblem in adult-epilepsy outpatient. 66th Annual Meeting of American Epilepsy Society. San Diego, California. 2012.11 Takumi I, Noha M, Kadekawa J, Teramoto A.
・Simple solution for cerebrospinal fluid loss and brain shift in semi-supine-positioned multitrack deep brain stimulation surgery : Polyethylene glycol hydrogel dural sealant capping. The Movement Disorder Society’s 16th International Congress of Parkinson’s Disease and Movement Disorders. Dublin, Irealand. 2012 6. Takumi I, Mishina M, Hironaka K, Oyama K, Yamada A, Adachi K, Hamamoto M, Kitamura S, Yoshida D, Teramoto A.
国内学会
・梅岡克哉、田草川豊、國保倫子、纐纈健太、大村朋子、鈴木雅規、金景成、小南修史、水成隆之、小林士郎:石灰化椎骨動脈が責任血管であった三叉神経痛の1例 第119回社団法人日本脳神経外科学会関東支部会 2012 12 
・石井雄道、大山健一、田原重志、喜多村孝幸、寺本明:内視鏡下経鼻頭蓋底手術-当院における治療経験と手術適応- 第19回日本神経内視鏡学会 2012 11 


2011年研究業績のサマリー

原著欧文 23編 総説欧文 0編 症例報告 4編
原著和文 21編 総説和文 9編 症例報告 1編
著書 27編 学会発表 237件
gyousekiitiran
*一覧はPDFです
受賞歴

平成23年度 水頭症研究マスターズジャパン2010アワード受賞/村井保夫
平成23年度 博慈会老人病研究所優秀論文賞/村井保夫
平成23年度 日本医科大学医学会奨学賞/金景成
平成23年度 第26回日本脊髄外科学会 第15回都留賞/金景成
平成23年度 第15回神奈川脳神経外科手術手技研究会 最優秀演題賞/大山健一

主な学会発表

国際学会
・Teramoto A:Endoscopic transsphenoidal pituitary surgery.13th Asian-Australasian Congress of Neurological Surgery(Taipei, Taiwan),2011.12.
・Kominami S:Spinal AVM embolisation and outcomes.11th Conress of the World Federation of International Neuroradiology(Cape Town, Republic of South Africa),2011.11.
国内学会
・高橋 弘,日高可奈子:Higher brain function disorders of right frontal lobe tumor patients-A comparative study between before and after total removal operations of right frontal lobe tumor-.第2回日本ニューロリハビリテーション学会学術集会,2011.2.
・太組一朗:てんかん-診療における基本的戦略と最近の治療動向-.第54回General Hospital Psychiatry研究会,2011.1.


2010年研究業績のサマリー

原著欧文 12編 総説欧文 0編 症例報告 3編
原著和文 26編 総説和文 10編 症例報告 0編
著書 42編 学会発表 222件
gyousekiitiran
*一覧はPDFです
受賞歴

平成22年度 第27回 関東脳神経外科懇話会 年次功労賞/寺本 明
平成21年度 東京都医師会医学研究賞奨励賞/太組 一朗
平成22年度 千葉県医師会定期総会 学術奨励賞/金 景成
平成22年度 第20回日本間脳下垂体腫瘍学会 研究奨励賞/纐纈 健太

主な学会発表

国際学会
・Teramoto A.Neuroendocrine hormone and related disease.14th International Congress of Endocrinology 2010.3
国内学会
・亦野 文宏:環椎椎弓内側に過形成をきたした一症例。111回(社)日本脳神経外科学会関東支部学術集会
・鈴木 雅規:mass effectにより発症した脳底動脈本幹部動脈瘤に対して脳血管内治療を施行した一例。111回(社)日本脳神経外科学会関東支部学術集会


2009年研究業績のサマリー

原著欧文 16編 総説欧文 1編 症例報告 1編
原著和文 30編 総説和文 5編 症例報告 2編
著書 31編 学会発表 239件
gyousekiitiran
*一覧はPDFです
受賞歴

平成21年度 日本てんかん学会Sponsored Award/太組一朗
平成21年度 第9回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会 最優秀演題賞/田原重志
「臨床的に下垂体癌が疑われたCrooke cell adenomaの一例」

主な学会発表

国際学会
・Ishii Y,Tahara S,Kitamura T,Teramoto A.Surgical results of endoscopic endonasal transsphenoidal surgery for prolactinomas.20th Annual Meeting of Asia-Pacific Endocrine Conference(Guam,USA)
国内学会
・野崎 一朗、浜口 毅、篠原 もえ子、中村 好一、北本 哲之、水澤 英洋、佐藤 猛、森若 文雄、志賀 裕正、三條 伸夫、黒岩 義之、西澤 正豊、武田 雅俊、犬塚 貴、太組 一朗:プリオン病若年発症例の検討。第50回日本神経学会総会
・田原 重志、石井 雄道、竹井 麻生、喜多村 孝幸、山王 直子、長村 義之、寺本 明:クッシング病に対する内視鏡単独経鼻経蝶形骨手術の治療成績。第19回日本間脳下垂体腫瘍学会
・佐藤 聡美、長 麻里子、福田 弥生、堤 悦子、水成 隆之:SCUを有する脳神経センターにおける看護の実践。第38回日本脳卒中の外科学会


2008年研究業績のサマリー

原著欧文 19編 総説欧文 2編 症例報告 1編
原著和文 37編 総説和文 9編 症例報告 2編
著書 14編 学会発表 247件
gyousekiitiran
*一覧はPDFです
受賞歴

平成20年度 第18回 日本間脳下垂体腫瘍学会 研究奨励賞/大山健一
「径蝶形骨潤手術における圧電素子を用いた術中眼球運動モニタリング」
平成20年度 第18回 臨床内分泌代謝Update 若林賞/大山健一
「若年発症成長ホルモン産生腫瘍の臨床像並びに病理所見の解析」

主な学会発表

国際学会
・Yoshida D,Nomura R,Teramoto A:Regulation of cell invasion and signalling pathways in the pituitary adenoma cell line,HP-75,by reversion-inducing cysteine-rich protein with kazal motifs (RECK).J Neurooncol 2008;89(2):141-150.
・Tamaki T,Node Y,Teramoto A:Changes of the plasma ketone body level and arterial ketone body ratio at the onset of mild aneurysmal subarachnoid hemorrhage.Neurological Research 2008;30(9):898-902.

国内学会
・寺本 明:下垂体腫瘍の内視鏡手術.第18回臨床内分泌代謝Update,2008.3.
・太組一朗:脳神経外科手術における整容的課題とその対策~機能回復の先に求められるQOL~.第17回脳神経外科手術と機器学会,2008.4.
・戸田茂樹,寺本 明:神経学的所見と画像上所見との違いで完治しえなかった2症例.東京脊髄クラブ,2008.1.
・佐藤 俊,北川 亮,鈴木紀成,高橋 弘,寺本 明:脳内出血にて発症しMRSにて診断された神経膠芽腫の一例.第31回日本脳神経CI学会総会,2008.2.