日本医科大学脳神経外科学教室
About Us
Clinic
Postguraduate
Research
Members
日本医科大学 脳神経外科学教室
〒113-8603
東京都文京区千駄木1-1-5
TEL.03-3822-2131(内線6663)
TEL.03-5814-6215(ダイヤルイン)
FAX.03-5685-0986
E-mail:neurosurgery@nms.ac.jp


Department of Neurological Surgery
Nippon Medical School
1-1-5, Sendagi, Bunkyo-ku
Tokyo 113-8603 JAPAN
アクセスマップ
医局員専用ログイン

教室概況

名称 日本医科大学 脳神経外科学教室
Department of Neurological Surgery
開講 1972年(昭和47年) 初代教授 中澤省三
所在地 〒113-8603東京都文京区千駄木1-1-5
連絡先 電話   03-3822-2131(内線6663)
FAX   03-5685-0986
e-mail neurosurgery@nms.ac.jp
病床数 付属病院       899床(一般867床・精神32床)
武蔵小杉病院 372床
多摩永山病院 401床
千葉北総病院 600床
医局員数 付属病院       17名
武蔵小杉病院   7名
多摩永山病院   4名
千葉北総病院 10名
ーーーーーーーーーー
大学院教授      1名
教授               2名
准教授            5名
講師               3名
兼任講師         3名
病院講師         7名
助教・医員      8名
大学院生         7名
専修医            5名
外来患者数 2012年:49,924人(付属4病院)
2011年:50,884人(付属4病院)
2010年:55,931人(付属4病院)
入院患者数 2012年:41,486人(付属4病院)
2011年:42,545人(付属4病院)
2010年:47,106人(付属4病院)
手術件数 2012年:1,207件(脳神経外科的手術/付属4病院)
2011年:1,304件(脳神経外科的手術/付属4病院)
2010年:1,320件(脳神経外科的手術/付属4病院)
科研費採択実績 2012年:
基盤研究(C)
森田 明夫
医工学を用いた微小外科手術技術評価と効果的トレーニング法の開発
挑戦的萌芽研究
寺本 明
下垂体腺腫におけるmiRNAの機能解析
基盤研究(C)
吉田 大蔵
下垂体腺腫の増殖におけるSDF-1の役割に関する分子形態学的研究

2011年:
基礎研究(B)
寺本 明 下垂体腫瘍におけるmiRNA発現とmRNAの制御に関する研究
挑戦的萌芽研究
寺本 明 下垂体腫瘍におけるmiRNAの機能解析
基礎研究(C)
吉田 大蔵 下垂体腫瘍の増殖におけるSDF-1の役割に関する分子形態学的研究
若手研究(B)
金 景成 腰椎黄色靭帯における血管新生及び血管増生に関する研究

2010年:
基礎研究(B)
寺本 明 下垂体腫瘍におけるmiRNA発現とmRNAの制御に関する研究
基礎研究(C)
吉田 大蔵 下垂体腫瘍の増殖におけるSDF-1の役割に関する分子形態学的研究
若手研究(B)
金 景成 腰椎黄色靭帯における血管新生及び血管増生に関する研究

2009年:
基礎研究(B)
寺本 明 下垂体腫瘍におけるmiRNA発現とmRNAの制御に関する研究
基礎研究(C)
高橋 弘 NMRにメタボロミクス(メタボローム)解析は脳腫瘍の悪性転化を予測する(継続)
吉田 大蔵 下垂体腫瘍の増殖におけるSDF-1の役割に関する分子形態学的研究(継続)
若手研究(B)
金 景成 腰椎黄色靭帯における血管新生及び血管増生に関する研究

論文数 2012年 英文23編/和文25編
2011年 英文27編/和文32編
2010年 英文15編/和文35編
2009年 英文18編/和文37編
学会発表 2012年 230件(うち国際学会19件)
2011年 237件(うち国際学会15件)
2010年 222件(うち国際学会27件)
2009年 239年(うち国際学会17件)
主な研究成果 2012年度:
文部科学省科学研究費採択 3件
厚生労働省科学研究費補助金 3件
平成23年度同窓会医学研究助成 1件
公益財団法人内視鏡医学研究振興財団研究助成B 1件
研究論文:
2011 Best Researcher of the Year賞
村井 保夫
論文「Preoperative liquid embolization of cerebeller hemangioblastomas using N-butyl cyanoacrylate」がNeuroradiology. 2012 Sep;54(9):981-988.に掲載。

2011年度:
文部科学省科学研究費採択 4件
厚生労働省科学研究費補助金 4件
成長科学協会研究助成 指定課題研究 2件
研究論文:
2011 Best Researcher of the Year賞
村井保夫
論文「Indocyanin green videoangiography study of hemangioblastomas」がCan J Neurol Sci 2011;38(1):41-47.に掲載。

2010年度:
文部科学省科学研究費採択 3件
厚生労働省科学研究費補助金 4件
成長科学協会研究助成 指定課題研究 2件
研究論文:
2010 Best Researcher of the Year賞
金景成
論文「Radiological study of the sandwich method in cervical anterior fusion using autologous vertebral bone grafts」が J Clin Neurosci.2010 4;17 (4) : 450-454.に掲載。

2009年度:
文部科学省科学研究費採択 3件
厚生労働省科学研究費補助金 4件
成長科学協会研究助成 指定課題研究 2件
研究論文:
2009 Best Researcher of the Year賞
岩本直高
論文「Global diffuse distribution in the brain and efficient gene delivery to the dorsal root ganglia by intrathecal injection of adeno-associated viral vector serotype 1」が J Gene Med 2009 11;(6):498-505.に掲載。

2008年度:
文部科学省科学研究費採択 4件
厚生労働省科学研究費補助金 3件
厚生労働省がん研究助成金 1件
成長科学協会研究助成 指定課題研究 2件
研究論文:
2008 Best Researcher of the Year賞
鈴木雅規
論文「ACTH and alpha-Subunit are Co-expressed in Rare Human Pituitary Corticotroph Cell Adenomas Proposed to Originate from ACTH-Committed Early Pituitary Progenitor Cells.」Endocrine Pathology 2008;19(1):17-26.に掲載。

2007年度:
文部科学省科学研究費採択 3件
厚生労働省科学研究費補助金 3件
厚生労働省がん研究助成金 1件
研究論文:
2007 Best Researcher of the Year賞
竹井麻生
論文「Immunohistochemical Detection of Somatostatin Receptor (SSTR) Subtypes 2A and 5 in Pituitary Adenoma from Acromegalic Patients: Good Correlation with Preoperative Response to Octreotide」が Endocrine Pathology December 2007, Volume 18, Issue 4, pp 208-216に掲載。第11回日本内分泌病理学会若手奨励賞を受賞。

*Best Researcher of the Year賞は2003年より研究の部門で特に業績のみられた医局員に送られている賞です。

主な主催学会 2011年 12月 第116回日本脳神経外科学会関東地方会
2010年   6月 第8回日中友好脳神経外科会議
2010年   3月 第83回日本内分泌学会学術総会
2009年 10月 第68回社団法人日本脳神経外科学会学術総会
2008年   2月 第31回日本脳神経CI学会
2005年   4月 第23回日本脳腫瘍病理学会
2002年 11月 第9回日本神経内視鏡学会
1999年   2月 第9回日本間脳下垂体腫瘍学会
1991年            第8回 Pan-Pacific Surgical Association Japan Chapter
1968年 10月 第27回日本脳神経外科学会総会
主な受賞歴 2011年度 水頭症研究マスターズジャパン2010アワード受賞/村井保夫
2009年度 東京都医師会医学研究賞奨励賞/太組一朗
2009年度 第9回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会 最優秀演題賞/田原重志
2008年度 第18回日本間脳下垂体腫瘍学会 研究奨励賞/大山健一
2007年度 日本脳神経外科学会 齋藤眞賞/寺本明
2007年度 第11回日本内分泌病理学会若手奨励賞/竹井麻生