日本医科大学脳神経外科学教室
About Us
Clinic
Postguraduate
Research
Members
なぜ日本医科大学の脳神経外科に?
元々他大学の小児科に勤務していたのですが、腫瘍を含めた下垂体診療・基礎医学研究の幅を拡げるために、日本医科大学に昨年移ってきました。他施設・他大学病院ですと、症例数は多くても下垂体関連の基礎研究が弱かったりしますが、日本医科大学は臨床でも研究でも国内トップクラスの実績があることが一番の決め手になりました。また、他の病院では縦割りによる診療対象の細分化によって他科の担当分野となっていること(ホルモン負荷試験など)も、ここ日本医科大学では、脳神経外科で全て完結して行えることにも魅力を感じました。
この環境を活かして、大学院生として研究でも成果を出していきたいと思っています。
hattori_33
1年間仕事をしていかがでしたか?
病棟管理と手術が主な仕事になります。緊急入院、緊急手術などもありますが、基本的には個人の自主性に任せてスケジュールを立てることができ、日中に座学や調べものなどの時間を作ることも可能です。また、各科当直制のため夜間も休日も毎日、医局員の誰かしらは当直にあたりますが、残りのメンバーはきっちりと休む事ができます。そのため無駄にだらだら職場に残るというよくありがちな文化が一切ありません。他の環境的な感想としては、先輩、後輩の間の距離が近く、アットホームな医局ということも挙げられます。
今までは小児疾患の知識だけだったのですが、この一年で、一般脳神経外科や下垂体関連の知識・手技はもちろん、救急対応、重症患者管理、そして高血圧や糖尿病といった生活習慣病なども含め診療の幅が拡がりました。脳神経外科は基本診療領域に位置する非常に幅広い学問であり、まさに「脳も診ることのできる何でも屋」といったところでしょうか。これは、脳の疾患は脳だけを見ても分からない、全体を見ることが出来なくては脳も見ることは出来ないという医局のモットーが影響していると思います。
メッセージをお願いします
文中画像
私は下垂体に興味があって入局したので、巷で想像されるような脳神経外科医を希望する方々へメッセージを話す事が適切かどうかは分かりませんが、日本医科大学に縁もゆかりもない私でも、出身大学や経歴・目的の分け隔てなく受け入れ、バラエティーに富んだ人材を育てることのできる医局であると断言できます。また、一般に大学病院は経験の浅いうちは手術をこなせないと考え、市中病院へ進むことを考える人も多いと思います。しかし、それでは予習復習もままならないままただ症例数だけをこなし忙殺される、ということにもなりかねません。ここ日本医科大学ではトップクラスの専門家のもと、一例一例しっかり考えながら手術手技を習得する事ができます。手術専門家を目標とする人にとっても、自分のように別の道を目的とする人にとっても、お勧めする事のできる医局です。