日本医科大学脳神経外科学教室
About Us
Clinic
Postguraduate
Research
Members
日本医科大学 脳神経外科学教室
〒113-8603
東京都文京区千駄木1-1-5
TEL.03-3822-2131(内線6663)
TEL.03-5814-6215(ダイヤルイン)
FAX.03-5685-0986
E-mail:neurosurgery@nms.ac.jp


Department of Neurological Surgery
Nippon Medical School
1-1-5, Sendagi, Bunkyo-ku
Tokyo 113-8603 JAPAN
アクセスマップ
医局員専用ログイン

水成 隆之

水成 隆之

水成 隆之

Takayuki MIZUNARI

役職:准教授
学歴:1984年3月 日本医科大学卒業、1990年3月 日本医科大学大学院医学研究科(臨床系脳神経外科学)修了

学位:医学博士(日本医科大学 甲682号)外傷性後頭蓋窩血腫の臨床的特徴とICPモニタリングの重要性
専門分野:脳卒中、脳血管障害の外科治療、脳動脈瘤、モヤモヤ病、困難な動脈瘤に対する外科治療、脳血管バイパス術、high flow bypass (RAグラフト)
所属学会:
日本脳神経外科学会(評議員)
日本脳神経外科コングレス
日本脳卒中学会(評議員)
日本脳卒中の外科学会
日本神経学会
日本脳神経救急学会
脳神経外科手術と機器学会
日本脳神経外傷学会
意識障害学会
日本静脈経腸学会
代表論文・著書

◇Mizunari T, Murai Y, Kobayashi S, Teramoto A :Utility of the orbitocranial approach for clipping of anterior communicating artery aneurysms;Significance of dissection of the interhemispheric fissure and the sylvian fissure:Journal of Nippon Medical School 78 (2) : 2011
 
◇Mizunari T , Murai Y, Kobayashi S, Teramoto A :Long-lasting narrowing of the parent artery after bilateral clipping of mirror-image aneurysms of distal anterior cerebral arteries :A case report :Journal of Nippon Medical School 78 (3) , 2011
 
◇Mizunari T , Murai Y, Kobayashi S, Kamiyama H, Teramoto A , et al : Posttraumatic Carotid-Cavernous Fistulae Treated by Internal Carotid Artery Trapping and High-Flow Bypass Using a Radial Artery Graft:Two Case Reports :Neurol Medico Chir(Tokyo)51,113-116,2011

趣味

剣道 サイクリング ゴルフ ギター

一言

脳神経外科医は、まず手術技術を高めるため日々鍛錬していくことが基本ですが、同時に術前術後、外来における救急処置や合併症予防、対策を含めた全身管理の質を高めることも重要であると考えています。この手術と全身管理の2本柱を重視した脳神経外科専門スタッフによるチーム医療を実践しております。脳神経外科医療の本物のプロを目指す方と一緒に汗を流したいと思います。